2022.12.20 更新

文部科学大臣表彰の受賞が決定しました

全国の公民館などの社会教育・生涯学習施設のうち、特に事業内容・方法等に工夫をこらし、地域住民の学習活動に大きく貢献しているものを優良公民館として文部科学大臣が表彰しています。

【受賞に至った経緯】
コロナ禍において、オンラインを活用し、「ちば生涯学習ボランティアセンター」の登録ボランティアの活動支援に取り組んだ実績が評価されました。
(背景)
生涯学習センターでは、市民同士が学び合い、学びの輪を広げていくため「ちば生涯学習ボランティアセンター」を運営し、生涯学習活動の支援やコーディネートを行っています。コロナ禍により生涯学習活動が停滞する中で、どのように市民に学習機会の提供を続けていくかについて模索した結果、オンラインを活用した事業の実施に取り組むこととしました。
(主な取組内容)
①ボランティアセンター登録者紹介講座をはじめとして、これまで対面で実施してきた講座の一部をオンライン配信により実施しました。
②登録ボランティアによる音楽演奏や落語などの披露についても、オンライン配信により実施しました。

これまでは、ボランティアが高齢者施設などに直接訪問して披露していましたが、オンラインの活用により感染リスクを低減できました。
また、オンラインの活用により、複数の施設への同時配信が可能となり、高齢者施設や公民館など複数の施設で同時開催することができました。
特に、高齢者施設への配信により、コロナ禍において大きな制約を受けていた高齢者などから、たくさんの喜びの声をいただくことができました。

(メイン会場)合唱の配信

(サテライト会場)高齢者施設の様子

関連リンク