講座・イベント

講座・イベントの詳細

立正大学デリバリーカレッジ受付中

受付中

講座概要

第1回 11月1日(火)“幸せ”とは何ですか?~変革の時代に”真の幸せ“を考える~
【講師】立正大学社会福祉学部 元教授 堺 正一

第2回 11月8日(火)高齢ドライバー問題
【講師】立正大学心理学部教授 所 正文

開催日
2022年11月1日、8日(火)10:00~11:30 全2回
会場
B1F 小ホール
対象
市民
定員
30人
料金
無料
申込期間
9/1 (木) 〜 10/14 (金)
申込方法
メール・郵送(往復はがき)のいずれか(詳細は下記)
※メールでお申し込みの方には、お申し込み受理のご連絡をメールでお送り致します。お申し込み日から4日過ぎても連絡がない場合は、必ずお問い合わせください。
携帯・スマートフォンからのお申し込みの場合、お申し込みの受理通知や応募結果をご覧いただけない方が多いため、「manabi.kouza@ccllf.jp」からのメールを受け取れるように設定してください。
受講者決定方法
抽選

学習プログラム

日時 内容・講師等(予定)
1 11月1日(火)10:00~11:30 戦争体験者であるアンパンマンの作者やなせたかしは「生きていることが大切なんです。
今日まで生きてこられたらなら、少しくらいつらくても明日もまた生きられる。そうや
っているうちに次が開けてくるのです。今回の震災も永遠に続くことはありません。」
と言って、多くの人たちを勇気づけている。今日いわゆる「幸福論」が花盛りである。
紙芝居「生きているってすばらしい!-塙保己一の青春」上演予定(講談「天満宮と下駄の鼻緒」から)
しかし、未曾有の東日本大震災・原発事故は人々の幸福感に多かれ少なかれ影響している。
テレビ等のインタビューで、家族や家、さらに仕事を失った被災者からの最初のひとことが
「感謝」であることに、心を動かされた人は少なくないにちがいない。
これまで幸福の条件として当然のことのように考えていた名誉、地位、財産等々が本当に
そうであるのかの再吟味を求められる時代に私たちは生かされている。
日本の自殺者が3万人を割ったと言って喜んでいてよいのだろうか。
2 11月8日(火)10:00~11:30 高齢ドライバーの交通事故問題は、大きな社会問題になっているが未だ有効な解決策が見いだせていない。
理由は、生活手段として自動車が必要不可欠である地方社会と、公共交通機関が充実した東京などの都市部
において、一律の基準で対策検討が進められているからである。高齢者に対して運転免許の返納を迫るだけ
では問題解決にはならず、その後の生活支援を含めた総合政策の速やかな施行が求められる。
安易な自動運転の開発に期待を寄せる向きもあるが、地方社会の軽自動車には導入不可能であり、対策にな
らないことを知らない人が多い。地方社会の高齢者の目線に沿って、この問題を共に考え、当面やれること
を提案したい。また、高齢社会の進行は必ずしも日本だけではないが、何故日本社会で有効な対策が打ち出
せないのか、欧州社会と比較しながら考えていきたい。

新型コロナウイルス感染症予防に関するお願い

施設内での新型コロナウイルス感染症予防対策と、以下の点についてご協力ください。
①受講前に検温していただき、受講の際にはマスクを着用してください(未就学児は除く)。
 事情により、マスクの着用ができない場合は、あらかじめご相談ください。
②当日の受付時に検温を実施し、37.5度以上または平熱+1度以上の場合は参加をお断りします。
③体調不良や感染が疑われる場合は、参加をご遠慮ください。また、講座をキャンセルされる場合は、担当職員までご連絡ください。


申込方法の詳細

メール・郵送(往復はがき)のいずれか(詳細は下記)
※メールでお申し込みの方には、お申し込み受理のご連絡をメールでお送り致します。お申し込み日から4日過ぎても連絡がない場合は、必ずお問い合わせください。
携帯・スマートフォンからのお申し込みの場合、お申し込みの受理通知や応募結果をご覧いただけない方が多いため、「manabi.kouza@ccllf.jp」からのメールを受け取れるように設定してください。

1. メールで応募する

【メールで応募する】ボタンをクリックし、下記の項目を記載の上、送信下さい。
締切は、10/14 (金) 必着です。

必要事項:講座名、住所、参加者全員の氏名(ふりがな)、年齢、電話番号



※上のボタンでメールソフトが起動しない場合は、E-mail:manabi.kouza@ccllf.jpのアドレス宛にお送りください。
※4開館日を過ぎても申込受理の連絡がない場合はお問い合わせください。
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方はmanabi.kouza@ccllf.jpからのメールを受信できるよう設定してください。

2. 郵送で応募する

往復はがきに、下記の必要事項を記載して郵送してください。
締切は、10/14 (金) 必着です。

必要事項:講座名、住所、参加者全員の氏名(ふりがな)、年齢、電話番号

「返信」・・・表面は自宅の住所・氏名を記載。裏面は白紙のまま。
「往信」・・・表面は下の宛先を、裏面は必要事項を記載。

宛先:〒260-0045 千葉市中央区弁天3-7-7
千葉市生涯学習センター 学習推進グループ 宛て

問合せは…

生涯学習センター 学習推進グループ 
TEL:043-207-5820  FAX:043-207-5822 
E-mail:manabi.kouza@ccllf.jp
(毎月第4月曜日休館)